google-site-verification: google078bc781377dce1a.html エジプト出張調律 | ピアノ調律 〜ソートエルワルド〜 飯島千絵
<< ハロウィンパーティ | main | 流山の行燈を作りました。 >>

エジプト出張調律

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    投稿が前後してしまいましたが、1月19日からエジプトに出張調律に行ってました。

    なんと、出発日が1日間違えているという事をチェックインカウンターで知る!

    という大失態を冒し、1日目にお伺いするお約束のお客様がキャンセルという、

    ご迷惑をお掛けしてしまいました。

    申し訳御座いません・・・

     

    今回はお伺いした中のピアノの一部をご紹介。

     

    こちらはアメリカ製のボールドウィンという、スピネットタイプのピアノ。

     

     

    背が低く、中のアクションが鍵盤下に入っている為、奥行きがあり、

    体の小さい私には、大変調律がしにくいピアノです。


     

    そのペダルを支えている、プラスチック部分が破損。

    1年お預かりの修理作業でした。

    パーツが見つからず、鉄工所で同寸法の物をオーダーメイド。

    (真ん中部分が新しいパーツです)


     

     

    プレイエルの文字はこんなに可愛らしい。

     

    鉄骨部分もこんなに素敵。

     


    頑張っているお爺ちゃんピアノのベヒシュタイン。

     

    こちらは、ロンドンのスタインウェィのお店でご購入し、

    エジプトまで運ばれてきた、ボストンピアノ。

    私の知る限り、エジプトで一番良い音のピアノです。

     

    長年のお付き合いでしたが、とうとうご帰国が決まり、

    今回が最後となりました。

     

    なので、記念撮影。

    今までありがとうございました。

     

    もう少しゆっくりと滞在出来ればいいのですが・・・

    いつも駆け足です。

     

    ソートエルワルドHP

    http://soutelward.com/

    posted by: soutelward | エジプト調律 | 12:55 | comments(0) | - |
    コメント