google-site-verification: google078bc781377dce1a.html 素敵なお話だったので・・・ | ピアノ調律 〜ソートエルワルド〜 飯島千絵
<< 猫には敵わない。 | main | 学校調律の季節です。 >>

素敵なお話だったので・・・

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    先日調律にお伺いしたお客様への再訪。

    今回は、整音の作業でした。

     

    お母様も、お嬢様もピアノをお弾きになるのですが、

    大変素敵なピアノエピソードを、お話しくださいました。

     

    お母様のお婆様は、戦後満州から大変な思いで日本にお戻りになり、

    ご主人は戦争で亡くなられたため、女手1つでお子さん2人(お母様のお母様)を育て上げたそうです。

    大変苦労をした、そんなお婆様が、買ってくれた大切なピアノなので、

    今回きちんと手入れをしようと、お決めになられたそうです。

     

    お持ちのピアノはカワイのアップライトでも、一番上のグレード。

    しかもお色は黒ではなく、マホガニー。

     

    きっとお婆様も、ピアノに対する憧れがずーっとあったんでしょう。

    その夢をお孫さんに託したような気がします。

     

    そんな思いに包まれながらの、音作りの作業でした。

     

     

    この作業で、指先がこのやすりで擦れるのか、

    毎回作業の後、携帯が指紋を認証してくれなくなってしまうのが、

    困りもの・・・

     

     

    ソートエルワルドHP

    http://soutelward.com/

    posted by: soutelward | 修理 | 08:04 | comments(0) | - |
    コメント