google-site-verification: google078bc781377dce1a.html お客様 | ピアノ調律 〜ソートエルワルド〜 飯島千絵

猫繋がりのお客様でした。

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    ピアノの中を掃除していたら、

    掃除機に敵対心を持ったのか?

    掃除機に猫パンチ!!

    可愛過ぎる〜〜。

     

     

     

    我が家の愛猫が亡くなって、ちょうど1年。

    去年そんな時期に、お伺いしたお客様だったのですが、

    今年お伺いしたら、家の猫の為に手作りの素敵なプレゼントを

    用意してくださってました。

     

    会っても無いうちの猫を、我が事のように悲しんでくださり、

    大変ありがたく、温かい気持ちに包まれました。

     

    早速、猫のお仏壇に飾りました。

    本当に、有難うございます。

     

    ソートエルワルドHP

    http://soutelward.com/

    posted by: soutelward | お客様 | 10:47 | comments(2) | - |

    大変興味深いメールを頂きました。

    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      定期調律の時期になったお客様から、

      大変興味深いお話しのメールを頂きました。

       

      あまりに不思議で面白いので、お客様の了承を得て、

      アップさせて頂きます。

       

       〜〜〜〜〜〜〜〜

       

      前回調律をして頂いてから、
      子どもには特に何も言わなかったのですが、
      明らかに、ピアノに向かう時間が増えたことには本当に驚きました。
      弾いていて気持ちが良かったのだと思います。
      また、飯島様の事も何も話していないのに、
      非常にエジプト好きになり??
      まだ小学3年生なのですが、エジプトの歴史の勉強を始めました。
      世界史が好きなの?と訊くと、
      世界はどうでも良くて、エジプトに興味があるのだということでした。
      飯島様にピアノを見て頂いてから、この2つの不思議な出来事がありました。

       

       〜〜〜〜〜〜〜〜

       

      強烈なエジプト好きになったというお子様。

      なぜなんでしょう・・・?

       

      私の作る音に、エジプト的なものがあるのでしょうか・・・・?

      私に全くその認識はないのですが、皆様いかがでしょう・・・?

       

      いずれにせよ、子供の感性はというものは、素晴らしいですね。

       

      そんな感性に触れられるような仕事を、

      (エジプト的なことは置いといて)

      これからも、し続けたいと思いました。

       

       

      修理仕事が重なり、空き時間は修理作業に開けるれる毎日です。

       

      修理で薄汚れた手ですが、着物に慌てて着替え、気持ちを切り替え、

      昨日はお茶のレッスン。

       

      いつもレッスン後は、先生の手料理を頂くのですが、

      これが本当に美味しく、お料理のヒントがいっぱい!

       

       

       

      ソートエルワルドHP

      http://soutelward.com/

      posted by: soutelward | お客様 | 08:01 | comments(0) | - |

      ありがたやー。

      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        今まで委託契約をしていた会社ですが、

        お陰様で個人の仕事が手一杯になり、

        先月で契約を終了致しました。

         

        午前のお客様。

        去年委託で受けていた会社の、納品調律に伺ったお客様だったのですが、

        会社に調律依頼のお電話をしたお客様は、私が辞めた事を知り、

        ご丁寧にネットで調べて、見つけてくださり、ご連絡が入りました。

        嬉しいです。

         

        納品調律と有料調律。

        弾き手がお子様と演奏家。

        そんな事にこだわらず、いつも目の前のピアノに向き合おうと心がけてますが、

        その努力が形になって帰ってきた、大変嬉しい出来事でした。

         

        勿論、最初にご連絡を頂いた際に、

        契約会社としてご連絡が入った場合を考慮し、

        お客様に確認と、お断りの返答を先にさせて頂いております。

        お客様には、

        そういう返答が、飯島さんから来ると思いました。

        と言われてしまいましたが・・・

         

         

        鍵盤の蓋は、爪の後がいっぱいなのが分かります?

        まだ1年なのに、良く弾かれているピアノです。

         

         

        そして猫ちゃんは、私の敷物がお気に召したようで、

        ゴロゴロ・・・

        久しぶりに猫に、癒されました。

         

        珍しく、午前も午後もボストンピアノと言う1日でした。

         

        午後のお客様も、先日ご実家のピアノをご紹介頂きました。

         

        皆様に助けられ、調律をしている半人前の調律師でございます。

        今後ともよろしくお願い致します。

         

        ソートエルワルドHP

        http://soutelward.com/

        posted by: soutelward | お客様 | 08:31 | comments(0) | - |